AKEMI MAMA

望月明美 AKEMI MOCHIZUKI

 17歳のとき父と喧嘩をして家出。北海道の室蘭の家を出て、生まれ育った大田区大森に戻り友達に誘われて品川のスナックでアルバイトした のが始まりです。「お洋服が欲しいなぁ」という軽い気持ちで、20歳のときに銀座のクラブをのぞいてみたくなりお店を探しました。そして「ジャ ンティーユ」というクラブでデビュー。バブル少し前の銀座は空前の好景気で、「可愛い」「奇麗」と煽てられて楽しくお店に通わせて頂きました。 毎日々知らない世界を見せてもらって楽しかったですし素敵なママやお姉様方に憧れました。「花の園」「ジャンヌ・ダルク」「ヴェルサイユ」と大 きなクラブを3軒経験。辛いことや悩みごともありましたが、このお仕事を楽しいと感じ好きでした。
売り上げの成績はずっと中の上ぐらいでしたが「ヴェルサイユ」へ移ってから急に数字が伸びました。31 才の時「ル・ジャルダン」を買いました。 その後に景気はどんどん悪くなって、女の子やスタッフがまとまって退店してしまうなど大変な時期もありましたが、何とか続いて、今年で21週年です。
明美ママ